ホーム>コラム>美容>原因を知って適切なケアを! 目の下のクマの予防とケア方法
美容

原因を知って適切なケアを! 目の下のクマの予防とケア方法

原因を知って適切なケアを! 目の下のクマの予防とケア方法

忙しい毎日を過ごしている保育士さんの中には、目の下のクマにお悩みの方もいるかもしれません。

目の下にクマができると、疲れた表情に見えてしまいます。

明るい表情をキープするためにも、原因に合わせた適切なケアで、クマの改善を目指したいですよね。

ここでは、目の下のクマの予防法とケア方法をご紹介します。

血行不良による青クマの予防とケア方法

・青クマができる原因

目の下に青クマができているときは、目元の血行が悪くなっているサインです。

目元の血行が悪くなる原因のひとつに、パソコンやスマートフォンによる目の疲れや、睡眠不足などが挙げられます。

保育士さんは朝早くから仕事をするため、夜更かしをすると、目の下に青クマができやすい傾向にあります。

また、生まれつき目の下の皮膚が薄い体質の方は、青クマができやすいので注意しましょう。

・青クマの予防

青クマを予防するには、規則正しい生活を心掛けて、夜はできるだけ早く寝ることが大切です。

特に、寝る直前にパソコンやスマートフォンの操作をしていると、目の疲れの原因になるだけではなく、目が冴えてしまうために質の良い睡眠が取れない場合があるので注意しましょう。

また、普段の生活でも、目の疲れを感じたらすぐに休めることが大切です。

・青クマのケア方法

青クマの改善を目指したい場合には、目の周りの血行を促すことが大切です。

目の周りにはたくさんのツボがあるので、ツボを押すことによって血行を促すことができます。

中でもおすすめなのが太陽(たいよう)というツボです。こめかみの骨がくぼんでいるところに位置しており、押すと心地よい痛みを感じる部分です。

1日に2~3回ほど左右の太陽のツボを押すことで、血行を促し青クマの改善が期待できます。

紫外線の影響による茶クマの予防とケア方法

紫外線の影響による茶クマの予防とケア方法

・茶クマができる原因

紫外線を浴びることで目元の皮膚がダメージを受けると、シミやくすみがそのまま定着して、茶クマになってしまうことがあります。

特に保育士さんは、太陽の下で子供達と一緒に遊ぶことが多いので、紫外線のダメージを受けやすいかもしれません。

また、目元の薄い皮膚の部分のメイクを落す際に、強く擦る癖がある場合も、色素沈着を起こして茶クマになることがあります。

・茶クマの予防

茶クマを予防するには、目元の紫外線対策をしっかりとることが大切です。

目元はUVケアを忘れてしまいがちな部分です。デリケートな目元に使用することができる、肌に優しい日焼け止めを使用して、紫外線の影響から目元を守るようにしましょう。

また、メイクを落す際には、メイク落としでメイクを浮かせてから、優しく洗い流すようにしましょう。

・茶クマのケア方法

茶クマを改善するには、丁寧に目元のスキンケアをすることが大切です。

目元は乾燥しやすいので、ヒアルロン酸やコラーゲンなどの保湿成分で十分に保湿をした上で、肌のケアをすると良いでしょう。

おすすめなのが、美肌をサポートする美容成分のひとつのビタミンC誘導体です。

メラニンの生成を抑える働きが期待できるだけではなく、メラニン色素の還元作用も期待できるので、茶クマの改善を目指す方をサポートしてくれます。

目の下のクマにはさまざまな種類があります。まずは、できてしまったクマがどのようなタイプのクマなのか、正しく知ることが大切です。

毎日の中で、クマの予防を心掛けながら、原因に合わせた適切なケアをすることで、クマの改善を目指すことができるでしょう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.miraiku.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/64

MiRAKUU著名人対談

MiRAKUU保育園特集

MiRAKUUセミナー&イベント

教えて川邉先生!