ホーム>コラム>ライフスタイル>意外な職業病! 保育士のひざの黒ずみの原因とケア方法
ライフスタイル

意外な職業病! 保育士のひざの黒ずみの原因とケア方法

意外な職業病! 保育士のひざの黒ずみの原因とケア方法

保育士さんの美容に関する悩みの中で、最も多いのがひざの黒ずみです。

パンツスタイルなどの活動的な格好でお仕事をしている保育士さんは、毎日の中でひざの黒ずみに気づきにくく、黒ずみが酷くなってしまってようやく気づくケースもあるようです。

ここでは、保育士さんのひざの黒ずみの原因や、ケア方法について見ていきたいと思います。

保育士という仕事はどうしてひざが黒ずみやすいの?

保育士さんは、毎日小さな子ども達と接しています。

子ども達と同じ目線で話をしようとすると、保育士さんは、どうしてもひざ立ちをすることが多くなってしまいます。

ひざ立ちをすると、ひざの皮膚に大きな負担を与えてしまい、乾燥や色素沈着の原因となってしまうことがあります。

皮膚は、外部の刺激を受けることによって、メラニン色素が生成されやすくなります。

メラニン色素は、外部の刺激から肌を守ろうとして生じるものであるため、紫外線を浴びたり、皮膚が摩擦を受けることによって、皮膚のメラニン色素が多く生成されてしまうのです。

皮膚への刺激が繰り返されると、黒ずみが濃くなることがありますが、保育士さんはひざを酷使することが多いのでひざが黒ずんでしまうのです。

手軽に実践できるひざの黒ずみのケア方法

・スクラブのお手入れで皮膚のターンオーバーをサポートする

ひざの黒ずみが気になる場合、古くなった角質を優しく取り除き、皮膚を新しいものに生まれ変わらせる(ターンオーバーを促進させる)ことが大切です。

スクラブを使用することで、厚くなった角質を優しく取り除くサポートをすることができるので、皮膚のターンオーバーに役立ちます。

この時、自然由来の原料から作られた、肌に優しいスクラブを使用して、使用頻度を守ってお手入れをするようにしましょう。

・入浴後の血行が良い時にひざを丁寧に保湿する

ひざが乾燥すると、外部の刺激に弱くなるので、ひざが黒ずみやすくなることがあります。

入浴の際には、できるだけ湯船に浸かるようにして、ひざの血行を促すようにしましょう。

血行が良い時、補った成分が角質層に浸透しやすくなります。

入浴後の血行が良い時に、ひざを十分に保湿することで、黒ずみの予防対策をとることができます。

・ビタミンC誘導体配合の美容液でひざをお手入れする

黒ずみの原因は、外部の刺激を受けてメラニン色素が生成されることであるため、お手入れをする場合、メラニン色素の生成に働きかけることが大切です。

ビタミンC誘導体配合の美容液は、黒ずみが気になる方をサポートしてくれるものなので、ひざのお手入れの際に使用すると良いでしょう。

日々のケアでひざを守る

日々のケアでひざを守る

ひざの黒ずみが気になる時は、できるだけ早めにケアすることが大切です。

保育士さんは、仕事中にひざを酷使してしまうことが多いようですが、ひざに負担をかけない体勢を心がけて、毎日の中で適切なケアを続けることで、黒ずみの解消を目指すことができます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.miraiku.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/83

MiRAKUU著名人対談

MiRAKUU保育園特集

MiRAKUUセミナー&イベント

教えて川邉先生!