ホーム>コラム>ライフスタイル

ライフスタイル

第一印象をアップ! 出勤初日に気をつけたい保育士の挨拶のポイント

第一印象をアップ! 出勤初日に気をつけたい保育士の挨拶のポイント

保育士としての仕事をスタートさせる出勤初日は、誰もが緊張するものです。

しかし、いくら緊張しているからといっても笑顔がなく無愛想になったり、自分の意見をしっかりと伝えることができないのはNG。出勤初日についた第一印象は、そのあとも長くついてまわります。

先輩保育士や同期の保育士たちに良い印象を残すためには、出勤初日にどんな挨拶をしたらいいのでしょうか? 初日の第一印象をアップさせる挨拶の方法について確認しておきましょう。

【保育士の悩み】叱ると怒るは何が違う? 上手な叱り方とは?

保育士必見! 子どもの第一次反抗期「イヤイヤ期」の対応術

子どもたちが危ないことやケンカをしたときには、間違いを指摘して冷静に叱ってあげるのは保育士として当然のことです。

しかし、保育士とはいえ1人の人間。つい感情的になって声を荒げながら怒ってしまうこともあるでしょう。 上手に叱ってあげられるのが一番の理想ですが"怒る"とは一体どのような違いがあるのでしょうか。

今回は、叱ると怒るの違いや、子どもたちへの上手な叱り方をご紹介いたします。

保育士必見! 子どもの第一次反抗期「イヤイヤ期」の対応術

保育士必見! 子どもの第一次反抗期「イヤイヤ期」の対応術

子どもの成長スピードには個人差がありますが、2歳前後になると徐々にコミュニケーションが取れるようになってきます。

小さな子どもたちと一緒に遊んだり会話ができるようになると保育も楽しくなりますが、その一方で子どもたちの成長に戸惑うこともありますよね。

とくに2歳前後になると、第一反抗期ともいわれている「イヤイヤ期」がやってきます。

何事にも「イヤイヤ……」と首を横に振る子どもたちには、保育士としてどのような対応をしたらいいのでしょうか。

今回は、イヤイヤ期に突入した子どもたちに対する保育士の対応術をご紹介いたします。

初日が肝心! 保育士が初出勤の日に持っていると役立つ持ち物7つ

初日が肝心! 保育士が初出勤の日に持っていると役立つ持ち物7つ

保育士としての初出勤にあたって準備することはたくさんあります。初日の勤務内容や挨拶の練習、出勤時間の確認など気が抜けません。

中でも服装や持ち物の確認は必須といえますが、園から事前に指示を受けたもの以外にも、持っておくと便利なものがたくさんあります。

今回は、初出勤を控える保育士に向けて、初日に持っていると役立つ持ち物を7つピックアップしてご紹介いたします。

毎日の食事で元気をキープ! 保育士のための「風邪予防レシピ」4つ

お仕事の悩み、抱え込んでいませんか? 保育士の悩みを解消するための相談方法

大人に比べて免疫力が少ない子どもは風邪を引きやすいもの。子どもたちの風邪が移ってしまい、つらい思いをしたことがある保育士も少なくないと思います。

とくに寒い季節は風邪を引きやすいシーズン。健康をキープして子どもたちに元気な姿を見せるためには、毎日の食事にこだわることが大切です。

そこで今回は、体の内側から風邪を撃退してくれる「風邪予防レシピ」を4つご紹介いたします。

お仕事の悩み、抱え込んでいませんか? 保育士の悩みを解消するための相談方法

お仕事の悩み、抱え込んでいませんか? 保育士の悩みを解消するための相談方法

どんな職業にも言えることですが、社会人には悩みがつきものです。とくに保育士は、子どもたちや保護者、同僚との関わりが強いため、悩みを抱えることも多いでしょう。

悩みを自分だけで抱え込むと、ブルーな気持ちでいっぱいになってしまうため、早めに誰かに相談するのが得策です。

今回は、仕事に悩める保育士さんに向けて、人に悩みを相談するときのポイントや相談相手の見つけ方をご紹介します。

どうするべき?! 先輩保育士と仲良く働くためのコツとは

どうするべき?! 先輩保育士と仲良く働くためのコツとは

保育士のお悩みランキングの上位に入るものといえば、先輩保育士との付き合い方が挙がります。

先輩保育士に必要以上に気を遣ったり、先輩に対する自分の態度が間違っているのだろうかと悩んでしまいますよね。自分では気を遣ったり、頑張って仕事をしているつもりでも、 実は先輩保育士から見ると「空回り」しているように見えているのかも……。

今回は、自分ではなかなか気がつきにくい間違った態度の例や、先輩保育士とうまく付き合うためのコツをチェックしていきましょう!

男性保育士が抱える、お悩みあるある

男性保育士が抱える、お悩みあるある

最近は男性保育士の数がずいぶん増えましたが、現場ではまだまだ女性の方が圧倒的に多いせいもあり、男性ならではの悩みを抱える方も少なくありません。

飲み会などで知り合った方に職業を聞かれ「保育士」と答えると驚かれることもあるんだとか……。そういった意味では、男性の職業としてまだまだ定着していないのかもしれません。

今回は男性の保育士ならではの悩みや、その解決法を探ります。

【保育士の転職】自分を売り込んで好感度を上げる「履歴書の書き方」

【保育士の転職】自分を売り込んで好感度を上げる「履歴書の書き方」

【保育士の転職】自分を売り込んで好感度を上げる「履歴書の書き方」

転職活動をするときには、履歴書を送付するのが一般的です。面接の前に書類選考をするからです。

面接にこぎつけるためには、履歴書の書き方や内容にかかっているといっても過言ではありません。

もちろんこれは、保育士の転職活動にもいえること。好条件の転職をするためには、履歴書が重要なポイントになります。

そこで今回は、保育士のための履歴書の基本的な記入方法や、履歴書を通して自分を売り込むテクニックをご紹介いたします。

保育士が実践したい心理テクニック「ミラーリング」ってどんなもの?

保育士が実践したい心理テクニック「ミラーリング」ってどんなもの?

保育士は子どもと接するだけが仕事ではありません。保育所での子どもの様子をしっかりとチェックして、それを保護者に伝えるということも大切な仕事の1つです。

さらに、保育士の仕事をしている人の年齢は幅広いため、同僚や上司など、さまざまな年代の人とコミュニケーションを取ることが必須です。

周囲の人々と円滑にコミュニケーションを取るためにも、心理テクニックのひとつである「ミラーリング」について知っておきましょう。

MiRAKUU著名人対談

MiRAKUU保育園特集

MiRAKUUセミナー&イベント

教えて川邉先生!