ホーム>資格取得情報

資格取得情報

資格取得情報

認定病児保育スペシャリスト

現状、風邪や発熱など軽度の突発的な状況で子どもを預かりケアする病児保育施設は圧倒的に不足しており、共働きの家庭の多くは発熱・体調不良の子どもを抱え途方に暮れています。

私たちはこのようなときに適切な対応が出来るスキルを持った人材が今後ますます求められると考え、2014年3月より病児保育のスキルを証明する資格「認定病児保育スペシャリスト」をスタートし、7月には20名の認定者が誕生しました。

どうやって資格を取得するの?

2016510173245.jpg

まずは公式テキストを購入の上、web講座を受講いただきます。
インターネットに接続できる環境があれば場所や時間を選ばずに学習できます。

web講座にて全13講義の小テストに合格後、
1次試験(パソコンでの受験)⇒病(後)児保育施設・事業者での実習⇒
2次試験(実技及び口頭試問)の受験へと進みます。
2次試験合格後、登録・認定証の発行となります。

 何かお得な情報はありますか?

パソコン女性

お友達、同僚の方など3名以上でお申込み頂くと、受講料の10%(6,825円)がキャッシュバックされるグループ割をご用意しています。

またMIRAKUUをご覧の上、受講いただいた方には
公式テキスト(英治出版/2,310円[税込])のプレゼントと当協会が3か月に1度開催している「保育スキルアップ・オープンセミナー」に無料でご参加いただける優待チケットを特典としてご用意しています。


※講座の受講、セミナーのお申込みはwebで承っています。

講座の受講にあたっては「どこでお知りになったか」の質問がありますので、
「認知経路」は「インターネット上での紹介」をお選びいただき、
「認知経路(詳細)」に「MIRAKUUを見て」と記載ください。

(記載いただけない場合、特典がご利用いただけなくなりますので、ご注意ください。)

 受講をお考えの皆さまへ

保育士さん


2014年3月にスタートしたばかりの「認定病児保育スペシャリスト」ですが、7月に初めての資格認定者が誕生しました。
認定者から寄せられた声を一部ご紹介します。

・子どもの気持ちに寄り添うにはどうしたらいいのか、具体的に書かれていました。
ベテランの方の子どもを惹きつけ、安心させるスキルを学びたいと思っていましたので、とても興味深い内容でした。
(50代/保育士)

・今年保育士資格を取得して、来年からは病児や障害児など、幅広く対応できるように、勉強を続けながら、療育施設や児童養護施設で働きたいと考えています。
(20代/保育士資格取得のため、勉強中)

 

上記のように、すでに保育のお仕事をされている方も「病児保育についてより理解を深めたい」「保育のスキルアップをはかりたい」と多数受講いただいております。
また、保育士資格を持っているけれど、ブランクがあるという方にもおすすめです。

詳しくは認定病児保育スペシャリストのサイトをご覧ください。
ぜひこの機会に「認定病児保育スペシャリスト」資格取得web講座の受講をご検討ください。

MiRAKUU著名人対談

MiRAKUU保育園特集

MiRAKUUセミナー&イベント

教えて川邉先生!